お出かけ

2024.01.30

【ワンオペでも安心】子連れの飛行機を快適にする便利グッズ3選

子どもを連れての飛行機は、子どもがぐずらないか、退屈しないか心配でひやひやするママも多いのではないでしょうか。
そこで、今回は子連れの飛行機を快適にする便利グッズを紹介します。
便利グッズを活用して、旅行を楽しみましょう。
では、早速見ていきましょう。

①子ども用のワイヤレスヘッドホン

暇つぶし対策でタブレットなどを持ち込む場合には、ワイヤレスヘッドホンも一緒に持っていくと集中して見てくれるかもしれません。
しかし、ヘッドホンは耳を塞いで大きな音を聞くので、長時間の使用には注意が必要です。
難聴のリスクが高まりますので、耳を塞がないタイプのヘッドホンがおすすめです。
耳を塞ぐタイプだと周りの音が聞こえづらいので、指示が通らない場合がありますが、塞がないタイプであれば周りの音も聞こえて、周りの状況をお子さんが把握しやすくなります。
商品名:myFirst BCW
連続稼働時間:5時間
充電時間:2時間
価格:9,980円(税込)
引用元:myFirst

②フットレスト

身長がまだ小さなお子さんが飛行機の座席に座ると、足がぶらぶらして、落ち着かない体勢になります。
そんなときに大活躍するのが、フットレストです。
足元に置くクッションのことです。
フットレストには、スーツケースタイプと空気で膨らむクッションタイプがありますが、少ない荷物で移動したいと考えているならクッションタイプがおすすめです。
フットレストを活用すると、座席がフラットになり、小さなお子さんでも足が伸ばせます。
さらに、ごろんと座席に寝そべることもできるため、もし眠くなっても快適に過ごす事ができます。
ただし、フットレストが使用できない航空会社もあるため。事前に調べておくとよいでしょう。
商品名:フライトット1.0
価格:14,500円(税込)
引用元:フライトットジャパン

③耳抜き対策の便利グッズ

飛行機に乗ると、気圧の変化が起こり、頻繁に耳抜きを行う必要があります。
特に、着陸時には必ず行いましょう。
耳抜きを行わないと、耳の違和感や耳に痛みが出る場合があり、泣き出してしまうこともあります。
飲み物を飲んだり、飴を食べたりすることで、簡単に耳抜きができますよ。
赤ちゃんは、ミルクやお水を飲ませるとよいでしょう。
幼児は、お子さんが好きなジュースや飴、ゼリーなどを与えてみます。
耳抜きはタイミングがカギで、シートベルトサインが点灯してからではなく着陸の1時間前を目安に行いましょう。
お菓子以外で、耳栓も耳抜きができるグッズの一つです。
3歳以上からですが、上手く耳抜きができない場合に利用できるので持っておいて損はないでしょう。
商品名:子ども用 イヤープレーン
引用元:CIRRUS HEALTHCARE

便利グッズを活用して親子で旅行を楽しもう!


今回、子連れの飛行機を快適にする便利グッズを紹介しました。
必要最低限のものばかりなので、もしこれから飛行機に乗られるというママがいたらぜひ揃えてみましょう。
ストレスなく飛行機の時間を楽しめるとよいですね。

関連記事

この記事の関連ワード